タグ「アラスカ州」が付けられているもの

  • 震災漂流物:北米に漂着のがれき処理 有志募金で支援 北海商科大・佐藤教授(北海道新聞)(2013年06月19日)

    (06/03 06:20)

     東日本大震災により米アラスカ州に漂着するがれきの処理を支援しようと、北海商科大の佐藤馨一(けいいち)教授(地 域交通論)ら有志が募金を呼び掛け、400近い個人・団体から約170万円が集まった。佐藤教授は2日に現地で始まった国際会議に出席しており、渡米中に 同州政府に目録を手渡す予定で、「少しでも現地の負担を減らせるよう輪を広げていきたい」と話す。

     佐藤教授は同州アンカレジで第10回寒地開発に関する国際シンポジウムに出席中。準備の過程で漂流がれきの問題を知り、今年初めに募金をスタートさせた ところ、道内の企業や大学関係者らの協力が相次いだ。集まった寄付金は、同州政府を通して現地で海岸清掃に取り組むNPO法人に配分される。

     寄付は個人で1口千円、法人・団体で1口5千円から。ゆうちょ銀行の口座番号は19050―39309711(口座名義・アイエーコーズ)。問い合わせは北海道開発技術センター(電)011・271・3049へ。<北海道新聞6月3日朝刊掲載>

  • 震災漂流物:Now funded, work begins to clean tsunami trash from remote Alaska beaches (Alaska Dispatch)(2013年06月15日)

    Trash from Japan's huge 2011 earthquake and tsunami is littering coastal beaches, including Alaska, but only limited cleanup efforts are gearing up during the favorable summer weather season.

    "We're already behind the curve on that," said Chris Pallister, co-founder of Gulf of Alaska Keeper, which is using a $1 million state grant to clean up marine debris, much of which is from the tsunami, in an area around Prince William Sound. Sharing in that grant will be the Island Trails Network out of Kodiak, and Airborne Technologies Inc., working in Southeast.

    "We don't get the money until sometime in July, and by the end of August you are already pushing your luck on the Gulf," he said.

    http://www.alaskadispatch.com/article/20130604/now-funded-work-begins-clean-tsunami-trash-remote-alaska-beaches

1
最近のエントリー
カテゴリー
注目のキーワード
ICC
クリーンアップ会場
クリーンアップ会場はこちら

↑このページの先頭へ