タグ「大量漂着,ペッボトル,空き缶」が付けられているもの

  • ニュース:ペットボトルや空き缶、一晩で大量漂着 千里浜、14日の強風で(北國新聞平成23年5月16日) (2011年05月17日)

     羽咋市から宝達志水町にかけての千里浜海岸に15日、ペットボトルや空き缶が大量に 流れ着いているのが見つかった。この時期、ペットボトルが浜一面に広がる光景は珍しく 、住民らはびっくり。14日の強風の影響とみられ、朝から2台のビーチクリーナーが清 掃作業を続けた。

     地元の漁師などによると、ペットボトルなどが漂着し始めたのは14日夕方からで、1 5日朝には約8キロの千里浜なぎさドライブウェイほぼ全域で確認された。北へ行くほど 量は多く、羽咋側終点の千里浜レストハウスから羽咋川までの約1キロは、車の通るスペ ースもないほど。羽咋市内ではさらに北側の釜屋、一の宮、滝などの海岸でも数多く漂着 した。

     千里浜での早朝散歩を日課にしているという同市の夫婦は「こんな光景は見たことない 」と驚き、奈良からの家族連れは「震災のごみが流れて来たのかと思った。ごみがなけれ ばさぞきれいな砂浜でしょうね」と残念がった。

     羽咋市環境安全課では「特に冬場に大量のポリタンクや木材が漂着したことはあったが 、これだけのペットボトルが一度に打ち上がるのは珍しい」とし、このところの雨で川か ら流れ込み、沖に漂っていた物が14日の強風と波で打ち寄せられたのではないかと推測 した。

     同ドライブウェイの清掃は羽咋郡市広域圏事務組合が年間約600万円の予算を付けて 取り組んでおり、この日も2台のビーチクリーナーが午前8時前から出動した。(北國新聞石川のニュース/平成23年5月16日「ペットボトルや空き缶、一晩で大量漂着 千里浜、14日の強風で」より)

1
最近のエントリー
カテゴリー
注目のキーワード
ICC
クリーンアップ会場
クリーンアップ会場はこちら

↑このページの先頭へ