タグ「震災漂流物,岩手県,ワシントン州、漁船」が付けられているもの

  • 震災漂流物:イシダイは生きていた 漂着漁船の中に(NHK)(2013年04月10日)

    東日本大震災による津波で先月、アメリカ西海岸に漂着した小型漁船の中から、日本近海に生息するイシダイが生きた状態で見つかり、太平洋を2年以上かけて横断した魚としてオレゴン州の水族館に展示されています。

    アメリカ西部オレゴン州の水族館の水槽で元気に泳いでいるのは体長10センチほどの黒と白の縦じまの魚、イシダイです。
    こ のイシダイは先月22日、オレゴン州の隣のワシントン州の海岸に漂着した長さ5.5メートルの小型漁船「斎勝丸」の箱の中で泳いでいるのが見つかったもの です。このイシダイを水族館が引き取り、「ツナミが運んだ魚」として6日から展示を始めたところ、人気になっているということで、水族館の職員は「はるば る日本から太平洋を越えて来たという事実に、みんなが興味を引かれている」と話しています。
    イシダイは日本の近海や東シナ海などが主な生息地です が、この漁船の持ち主の岩手県陸前高田市の斎藤勝雄さん(72)によりますと、船は震災当時、港に陸揚げされており船内は空だったということで、斎藤さん は「船が日本の沖合を漂流している途中でイシダイが住み着き、そのまま船ごとアメリカまで流れていったのでしょう」と話しています。(2013.4.7 NHK)

    動画があります。

    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130407/k10013737601000.html

1
最近のエントリー
カテゴリー
注目のキーワード
ICC
クリーンアップ会場
クリーンアップ会場はこちら

↑このページの先頭へ