タグ「OSEAN JEAN 東アジア」が付けられているもの

  • ニュース:「東アジア海洋ごみ市民フォーラム」始動(2010年06月15日)

    3nhc2vaaf.jpgLaunching 'East Asia Civil Forum on Marine Litter'

    East Asian countries have shared some common regional seas so that they are connected to each other environmentally, geographically, historically or culturally.These regions are one of the highest shipping density areas over the world and likely to be a high potential source in marine debris pollution in the world....

    ===和訳===
    東アジアの国々は、共通の海を分かち合っています。そのため、地理・歴史・文化だけでなく,環境的にも繋がっています。特に東アジアの海域は、世界でも有数の船舶航行密度が高い海域でもあり、世界的な海ごみ汚染の原因となる可能性が高い海域であるとも言えるでしょう。国々の間では、ごみが海を伝って国から国へと移動するため、各地で深刻な問題が発生しています。各国政府は、国民と領海を守ることがまず第一で、国際組織であっても加盟国の優先事項に口を出すことはできません 。私たちOSEANとJEANは、これまでのNGOとしての長い経験から、東アジアが海洋環境保護という視点で一つのコミュニティーとなることができると考えており、私たちが率先して、この海域から海洋ごみを削減する努力をするべきだと考えています。

    昨年、私たちOSEANとJEANは、日本で「2009年海ごみサミット 下関・長門会議」(2009年10月16~18日)を開催しました。OSEANは、そこで、海洋ごみに関する経験と情報を共有し、東アジアの異なる地域のNGOや組織をつなげる「East Asia Civil Forum on Marine Litter(仮称)」の立ち上げを提案しました。OSEANとJEANは、このフォーラムを共同で立ち上げ、年2回のニュースレター(Eメール)を地元、国、そして(東アジア)地域レベルでこの問題に苦慮している人々に送ることにしました。まず第1回は、韓国と日本のニュースの配信からスタートし、今後はオンラインで情報を広め、共有し、協力関係を強め、さまざまな社会セクターとの連携を広めるといった事業を展開していく予定です。

    私たちは、海洋ごみを削減するためには、国の政策や国際組織の活動よりも、現場を知る市民の活動が現実的で効果的だと考えています。また、市民社会の協力こそが、人間活動によって生み出された汚染を防ぐ最も効果的であると信じています。 これは、東アジア市民を地理・言語の障害を越えて結ぶ初めてのチャレンジです。

    美しい海を取り戻した活動に貢献したいという人々や団体のこのフォーラムへの参加をお待ちしております。連絡はloveseakorea@empal.comへ。この記事は、http://cafe.naver.com/oseanでご覧頂けます(英文)。

    All of OSEAN-JEAN
    Youngcho
1
最近のエントリー
カテゴリー
注目のキーワード
ICC
クリーンアップ会場
クリーンアップ会場はこちら

↑このページの先頭へ