1. ホーム > 
  2. 海ごみ情報 > 
  3. ニュース > 

震災漂流物:Japanese tsunami debris B.C. pickup pitched by Gulf of Alaska Keeper(CBC)

2015年03月11日 カテゴリ:カナダ , 米国

震災起因洋上漂流物 関連情報

BC州/ CBC 2015年3月9日付記事

http://www.cbc.ca/news/canada/british-columbia/japanese-tsunami-debris-b-c-pickup-pitched-by-gulf-of-alaska-keeper-1.2986536

(概要訳;横田花子)

アラスカ湾の番人BC州JTMD回収に向けて動く

 

震災から4年目をむかえる今、アメリカの団体アラスカ湾の番人はヘリコプターと台船を使ってトン単位の物をBC州そしてアラスカ沿岸部から回収する事を考えています。

団体は夏にかけて台船を太平洋に持ってきて、アラスカ湾に残されている瓦礫の回収してBC州の特定箇所からの回収を考えています。

『ハイダグアイでは、外側の沿岸部に大量に海洋ごみがあることも理解しています。』と団体代表のクリス・パリスターは語る。

『そこはアクセスが悪く難しいですが,台船を使って越えていきます。バンクーバー島も同じ状況ですね』

パリスター氏はアラスカ州そしてBC州の団体は、回収された海洋ごみを小さなボートで安全に動かす事の難しさと問題に直面している。

『回収費用が我々の仕事を赤字にしていったので、回収して浜にまとめて置いておくことにしました。もっと効率良い回収方法が出てくる事を願って。しかし、今は1800個ものトンパック(フレコンパック)が回収を待っています。』

パリスター氏の計画は、台船に大量の海洋ごみを載せてカナダのごみも処理が了承されている米国シアトルに運ぶ予定だ。

BC州沿岸部の住民や地方自治体は、限られた埋め立てが海洋ごみでいっぱいになる事を問題視している。

パリスター氏は、台船プロジェクトを実行する事によってその問題が解消出来ると言う。

『色んな人にこの計画を共有しているが、かなりポジティブなフィードバックで是非この機会を利用したいと言っている』

$900,000 かかるプロジェクトでは,一部日本から送られた見舞金も使用される。

2012年に、日本はBC州へ$1 million アメリカには$5 million 震災起因漂着物清掃費として提供されている

 

150万トンの瓦礫

 

2011年3月11日の津波はマグニチュード9.0 の地震により引き起こされ東北を直撃した。19000人以上の方が亡くなった。

大きな波は内陸へ打ち寄せ、大量の震災瓦礫と共に太平洋に戻っていた。

2011年後半には、BC州政府により150万トンの震災瓦礫が太平洋を漂流していると発表された。

いったいどれだけの量が漂着したかはわからないが、NOAAには2000件以上もの報告が2012年から入っている。

震災起因漂着物と特定されてるのは、その内の60件のみだ。

しかし、ハイダグアイに住むリンダ・レイチ(Linda Leitch) とダン・ブレイマン(Dan Braman) は、今年の冬になってもまだまだ大量漂着は続いているしその多くは震災起因だと予測する。

2012年から2013年にかけて大量に漂着すると言われていたレイチ氏は言う。

『以前は、震災瓦礫はどこに行ってしまったのだろうと思っていたが。』『間違いなく今ここにある。今来てる物がその震災瓦礫だ』レイチ氏

BC州の群島は今、日本からのコンテナ、漁具、スタイロフォームが大量に漂着している状態。彼女はそれを 『かわいそうな事にも被害を受けてしまった町の残骸』と呼ぶ。

 

ストームにより漂着する大量のゴミ

レイチ氏とブレイマン氏はハイダグアイで一番大きいグラハム島の70km間の海岸線の清掃で業務委託を受けている。

この海岸線は、2012年ビーチコーマーのピーター・マーク(Peter Mark) が国際的に話題になったハーレーダビッドソンを発見した区間でもある。このバイクがカナダで初めて特定された震災起因漂着物だ。

彼らは、過去2年にわたり四駆のトラックを使用し70回の週末をナイクーン州立公園で清掃活動を行ってきた。

ストームが起きる度に、トラック3台分の瓦礫が漂着するとレイチ氏は言う。

『何トンもの瓦礫が海岸線に毎日漂着している。これは真剣な問題です。ほっといてもどこにもいかないし。別に新しいニュースでもない。昔からある事実なんです』

レイチ氏とブレイマン氏が活用していた少額の基金は使い切ってしまった。

『漂着している海洋ごみが全て日本から来ているものではない。しかしBC州政府そしてカナダ政府は海洋ごみに対して見て見ぬふりをしている。』レイチ氏

『問題は悪化し続けているばかり。なんとかしなきゃいけない』『プラスチックは分解され、土地にまざり海岸の一部になりつつある』レイチ氏

レイチ氏とブレイマン氏はGoFundMe というウェブサイトを活用し、現在基金を集めている。

最終目標金額は$20,000で現在は$1,305集まっている状態だ。

 

州の反応:予測された量をしたまわる瓦礫量

月曜日にBC州環境省はBC州にはごくわずかしかJTMDと特定される漂着物がBC州へ漂着しなかったと宣言した。

『現実的に、BC州の沿岸部には普段から海洋ごみが漂着するので海洋ごみからJTMDと特定する事はほとんど不可能、結果震災起因漂着物漂着予測と実際に漂着した量の結果を出すことができない。』

環境省はすでに$1 million の内$663,738 を配分している。残りの基金は来年度までの清掃費として配分される。

 

As we approach the fourth anniversary of the Japanese tsunami, U.S. group Gulf of Alaska Keeper wants to use helicopters and a huge barge to remove tonnes of material still littering B.C. and Alaska coastlines.

The group plans to float the barge around the north Pacific this summer, picking up huge loads of debris still stranded in coastal Alaska, with other pickup sites proposed for B.C.

"I know up in Haida Gwaii they have a tremendous amount of debris on the outer shoreline," said the group's president and director Chris Pallister.

"It's hard to access and hard to get off, and our barge will have to go past that, and the outside of Vancouver Island is in the same position."

 

U.S. group Gulf of Alaska Keeper plans to pick up over 1800 bags of tsunami debris and other marine trash stranded on the Alaskan coastline - and hopes to do the same thing in B.C. (Gulf of Alaska Keeper)

​Pallister says his group in Alaska and others in B.C. have struggled to safely and economically haul away the huge amounts of debris with their small boats.

"The cost was just driving us out of business, so we just started caching it and piling it up in the hopes we could get a more efficient removal project together... We have 1800 super sacks waiting to haul right now."

Pallister says the plan is to float the barge with the massive load of marine debris to a facility in Seattle that's licensed to handle waste from Canada.

Residents and local governments in coastal B.C. had raised concerns about a surge of debris filling up limited landfill space.

Pallister says the barge is meant to alleviate that problem.

"Everybody that I've been talking to... seems to be pretty positive about it and would like to take advantage of this."

Some money for the $900,000 project will come from a grant from the Japanese government.

In 2012, Japan donated $1 million to B.C. and another $5 million to U.S. West Coast states to help with the cost of cleaning up the debris.

1.5 million tonnes of debris

The March 11, 2011 tsunami was generated after a magnitude 9.0 earthquake hit off the coast of northern Japan. Nearly 19,000 people were killed.

After the huge waves and swells moved inland, they retreated back into the Pacific Ocean, carrying with them the wreckage of buildings, cars and boats.

Later in 2011, the B.C government estimated 1.5 million tonnes of tsunami debris was left floating in the Pacific Ocean.

 

Linda Leitch and her partner Dann Braman have spent 70 weekends trucking away tsunami debris and other marine junk on the northeast tip of Graham Island in Haida Gwaii. (Linda Leitch)

It's unknown exactly how much of it has arrived on our shores, but the National Oceanic and Atmospheric Administration (NOAA) says it's received more than 2000 reports of tsunami debris since 2012.

Only 60 of those cases are officially confirmed as being from the disaster region.

But Linda Leitch and her partner Dann Braman, from Haida Gwaii, says the island chain is still being doused with debris this winter, and they think much of it is from the tsunami.

Leitch says the bulk of debris was expected to land in 2012 and 2013.

"Before we were waiting for the tsunami debris, we were wondering whether it was here," Leitch said. "Now there's no question. It's here. This is it."

She says part of the B.C. archipelago is being slammed with Japanese containers, fishing gear, Styrofoam and what she calls "the ground up remains of these poor devastated towns."

Storms wash up even more debris

Leitch and Braman have been contracted to clean 70 kilometres of remote beaches on Graham Island, the largest island in Haida Gwaii.

That's the same area where beachcomber Peter Mark made international headlines in 2012, when he found a shipping container with a rusty Harley Davidson inside — the first piece of confirmed tsunami debris to land in Canada.

 

Linda Leitch says after every storm, an average of three truckloads of debris washes up on the beaches of Naikoon Provincial Park and Rose Spit Ecological Reserve. (Linda Leitch)

The couple says over the past two years, they've spent 70 weekends on the beaches of Naikoon Provincial Park in their four-by-four, removing debris.

Leitch says after every storm, another three truckloads of debris still washes up.

"There is tons of garbage hitting our beach every day. This problem is real. It's not going away. It's not old news. It is occurring news."

Leitch and Braman have been operating on a small grant, but that funding has now run out.

Leitch says not all of the debris they're now removing is from Japan, but the B.C. and Canadian governments are turning a blind eye to the issue of marine debris.

"The problem is getting worse, we need to do something," Leitch said. "This plastic is getting embedded into our shore and becoming part of the landscape."

Leitch and Braman are now reaching out to others for help with their cleanup through a GoFundMe page — at the time of writing they had raised about $1,305 of their $20,000 goal.

Province: debris less than expected

In a statement on Monday, the B.C. Ministry of Environment said only a small amount of confirmed tsunami debris has ended up on B.C. beaches.

"The reality is marine debris regularly washes up on B.C.'s shores and it is almost impossible to differentiate between tsunami debris and general marine debris, therefore we cannot estimate how much debris is a result of the tsunami."

The ministry has already given out $663,738 of the million-dollar tsunami debris grant from Japan. The remainder will be put towards other cleanup efforts by the end of the next fiscal year.

最近のエントリー
カテゴリー
注目のキーワード
ICC
クリーンアップ会場
クリーンアップ会場はこちら

↑このページの先頭へ