1. ホーム > 
  2. 海ごみ情報 > 
  3. ニュース > 

震災漂流物:Tsunami debris? Log on Santa Cruz beach believed to be from Japan(Los Angeles Times)

2015年03月09日 カテゴリ:米国

CA州/ Los Angeles Times 2015年3月6日付記事

http://www.latimes.com/local/lanow/la-me-ln-tsunami-debris-log-santa-cruz-20150304-story.html

(概要訳;横田花子)

震災瓦礫?サンタクルズで発見された木材、日本からの可能性あり。

先週末サンタクルズで発見された6m (20ft)の木材は2011年の津波の影響を受けて太平洋を日本から漂流してきた物と思われる。

この木材は6.44km(4miles) 程サンタクルズから離れた離島で、サンタクルズ出身の日本家屋に特化する大工見習いのKarl Bareis (カール・バレイス)により発見された。

『基本知識があれば、この木材を特定する事はとても簡単だよ』とコメントする。

この木材は主に日本家屋の民家、漁師や農家の家などで利用されるものだ。318kg(700lbs) 以上の重さで、材質はスギ(Cryptomeria japonica tree)で日本の北部地方の木。

彼はこの発見をNOAAに報告した。

3月11日の震災では、20,000人以上の死者と6000人以上の負傷者、そして500万トン以上の瓦礫が海に流出した。日本政府によると、いまだに150万トンの瓦礫が太平洋で漂流していると報告する。

NOAAによると、実際に今どれだけの量が海にありどこに漂着するかなどは、はっきりしていないと報告している。

カリフォルニアの沿岸部で発見された多くの漂着物は、JTMDの可能性があると報告されている。しかし、1月前半の時点で1点のアイテムしかJTMDと特定はされていない。オレゴン州境から32.19km(20mile) 離れたクレセント市で発見された小型船舶のみだ。

日本へお返しするか、メモリアルとして2011年の津波の被害を受けているサンタクルズハーバーにて設置するかコミュニティメンバーは現在木材の扱いを検討している。

バレイス氏はこの木材が発見された事により、震災の事が風化されないことを望んでいる。

『ここにきた事は奇跡だ』『大きな災害で始まった事かもしれないが、ストーリーになっただけで終わらないで欲しい』

 

By MATT HAMILTON MARCH 5, 2015, 6:24 AM

A 20-foot-log found on a Santa Cruz beach last weekend is believed to have originated from Japan and drifted across the Pacific after the deadly 2011 earthquake and tsunami.

The log was discovered on a remote beach about four miles north of Santa Cruz by an apprentice of Karl Bareis, a Santa Cruz-based carpenter who specializes in Japanese woodworking.

Bareis, who honed his expertise during five years of training in Japan, said the log has a three- sided notch where it would attach to another beam, a method that’s distinct to Japan.

“It’s easy to recognize if you know what you are looking at,” Bareis told The Times.

The log was most likely from a Minka-style home used by farmers or fishermen, Bareis said. Weighing more than 700 pounds, the wood beam is from a Cryptomeria japonica tree, a type of cedar that grows in northern Japan.

He reported the discovery to the federal agency that tracks debris from the Japanese tsunami, the National Oceanic Atmospheric Administration Marine Debris Program.

The March 11, 2011, earthquake and tsunami -- which killed more than 20,000 people and injured more than 6,000 -- sent more than 5 million tons of debris out to sea. Of that, about 1.5 million tons is still floating in the Pacific Ocean, according to the Japanese government.

The NOAA has said it’s unclear how much of the debris remains in the ocean and where it may wash ashore.

Dozens of items spotted along California’s coast have been reported to the NOAA as possible debris from the tsunami. But as of early January, only one item had been definitely traced back to Japan: a 20-foot boat found in Crescent City, about 20 miles south of the Oregon border.

http://www.latimes.com/local/lanow/la-me-ln-tsunami-debris-log-santa-cruz-20150304-story.html 1/2

3/8/2015 Tsunami debris? Log on Santa Cruz beach believed to be from Japan - LA Times

Community members are figuring out what’s next for the log and are contemplating whether to send it back to Japan or memorialize it near the Santa Cruz harbor, which suffered extensive damage during the 2011 tsunami.

Bareis is hopeful that fascination with the log’s discovery doesn’t eclipse the events that set its journey in motion.

“It got here and it’s a miracle,” he said. “It started as a huge tragedy and we don’t want this to become the story.”

For breaking news in California, follow @MattHjourno.
Copyright © 2015, Los Angeles Times

最近のエントリー
カテゴリー
注目のキーワード
ICC
クリーンアップ会場
クリーンアップ会場はこちら

↑このページの先頭へ