1. ホーム > 
  2. 海ごみ情報 > 
  3. ニュース > 

震災漂流物:Tsunami debris from Japan still making its way to Thurston County(The Olympian)

2015年06月01日 カテゴリ:米国

ワシントン州/ The Olympian 2015年5月29日付記事

http://www.theolympian.com/2015/05/29/3750447_tsunami-debris-from-japan-still.html?rh=1

(概要訳;横田花子)

日本を襲った津波から4年、今もなおワシントン州への瓦礫の漂着は続き野生生物管理局が対応を続けています。

漂着する瓦礫は環境への脅威をもたらします。 侵略的外来種や寄生生物が太平洋を越えて共にやってきています。

先週Tumwater にある野生生物局の敷地に新たにフジツボに覆われた日本の船が運ばれました 。25 foot (7.62 m) の船はLa Push の側にある遠方の海岸線にて確認され、2つに折れた状態で回収されました。

部署の目標は、海洋ゴミを除去し侵略的海洋生物の拡散を防止することです。木曜日の朝、コーディネーターのアレン・プレウス氏と技術者のナンシー・フランコ氏により船から生物サンプルが採取され、分析のため全国の専門家に送り届けられました。

この船は、今年に入って3隻目となります。船体には色あせた日本語も確認されていますが、2011年の津波からとは野生生物局は確定していません。他にも、最近同じようにLong Beach で確認された30 feet (9m)の船も確定はされていません。津波瓦礫と特定するためには、日本領事館が登録番号または正式に識別するための手段を必要とするため特定はされていないとプレウス氏が述べています。

昨年までに年間を通して、ボートや桟橋、タイヤや冷蔵庫など全てを確認しているプレット氏は合計で40程の外来種付き漂着物を震災後確認してきたと語ります。瓦礫の中には、旅を生き延びただけでなく、回収された時に元気に生きていた外来種も確認されました。回収された船の中にはハワイの側の海流を通った時に紛れ込んでしまったが、最終的太平洋の寒い温度に順応して船の内部で生きていたイシダイもいたのも確認されています。Long Beach の側で回収された船には、25以上の日本のピンクフジツボが生きた状態で確認されています。

『これらの生物は、自然と海の中での独自な生態系を作り出しています。』

『ただ、まったく自然でないのが。これらの生物が、人間の作った分解性のない人工物に生息してしまっている事です』

2011年3月11日に発生したマグニチュード9.0 により発生した津波は、日本を直撃した地震の中でも一番大きな地震の一つでした。

地震による津波で日本の東北沿岸部の多くが破壊され、福島第一原発のメルトダウンが発生しました。日本政府の情報では、16000人以上が震災により命を落とし5 million ton (500万トン)の瓦礫が海に流出しました。瓦礫の多くは沈没したと考えられています。

NOAA(米国海洋大気庁)は瓦礫の多くは今もなおハワイ北部やミッドウェーの東部に分散されていると報告しています。

 

Four years after a tsunami devastated Japan’s coast, debris still washes up in Washington — and winds up in the hands of state wildlife officials.

The debris comes with an environmental threat — invasive species and parasites that have hitched a ride across the Pacific Ocean.

Another barnacle-encrusted Japanese skiff has made its way to the state Department of Fish and Wildlife’s aquatic invasive species unit. The 25-foot boat was recovered off a remote shore near La Push and arrived in two halves last week at the department’s property south of Tumwater.

The unit’s goal is to remove marine debris and prevent the spread of invasive marine life. On Thursday morning, coordinator Allen Pleus and technician Nancy Franco combed the boat’s crevices for biological samples that will be shipped to experts around the country for analysis.

The boat is the third such project to reach the unit this year. Despite the faded Japanese characters painted on the hull, the department has not confirmed the boat as debris from the 2011 tsunami. The same goes for a 30-foot boat found recently near Long Beach. To qualify as tsunami debris, the Japanese consulate requires registration numbers or other means for formal identification, Pleus said.

Nearly 40 such projects passed through the unit last year, said Pleus, who has seen everything from docks and boats to tires and refrigerators in the years since the tsunami. Some debris has been colonized by dozens of species that not only survived the trip, but were thriving when discovered. He described one boat that likely floated near Hawaii and picked up the tropical striped beakfish, which eventually acclimated to the Pacific Northwest’s colder waters while harbored safely inside. The boat recovered near Long Beach had more than 25 pink barnacles from Japan that were still alive.

“These become their own ecosystems in the ocean,” he said. “What’s not natural is that they’re on manmade objects that don’t disintegrate.”

The tsunami was the result of a 9.0-magnitude earthquake on March 11, 2011, off the coast of Japan. It was the most powerful earthquake to have ever hit Japan and was one of the strongest ever recorded.

The earthquake triggered a tsunami that destroyed much of Japan’s northern coast and also caused meltdowns at the Fukushima nuclear power plant. Nearly 16,000 people died in the catastrophe, according to the Japanese government, which reported that the tsunami swept nearly 5 million tons of debris out to sea. Much of the debris was believed to have sunk.

The U.S. National Oceanic and Atmospheric Administration reports that the bulk of debris is still dispersed north of Hawaii and east of Midway Atoll.

Beach users who find tsunami-related debris are asked to email DisasterDebris@noaa.gov or call the WDFW’s Aquatic Invasive Species Unit at 360-902-2700. The department suggests taking a photo and noting the location of the debris. The state Health Department reports that it’s highly unlikely the debris will be radioactive from the Fukushima meltdown.

Andy Hobbs: 360-704-6869 ahobbs@theolympian.com @andyhobbs


Read more here: http://www.theolympian.com/2015/05/29/3750447_tsunami-debris-from-japan-still.html?rh=1#storylink=cpy

最近のエントリー
カテゴリー
注目のキーワード
ICC
クリーンアップ会場
クリーンアップ会場はこちら

↑このページの先頭へ