1. ホーム > 
  2. 海ごみ情報 > 
  3. ニュース > 

報道発表資料:南極海においてマイクロプラスチックの浮遊が確認されたことについて(環境省)

2016年10月01日 カテゴリ:世界

 環境省環境研究総合推進費の助成を受けて、東京海洋大学の海鷹丸で調査を行った九州大学と東京海洋大学の共同研究チームが、南極海においてマイクロプラ スチックが浮遊していることを確認し、その成果をまとめた論文がMarine Pollution Bulletin誌にて近日中にオンラインリリースされます。南極海でのマイクロプラスチックの浮遊を査読付学術誌に報告した研究は、これが世界で初めて のものとなります。

(*追記)
9月26日、Marine Pollution Bulletin誌のwebページにおいて、オンラインリリースされました。

http://www.env.go.jp/press/102780.html

最近のエントリー
カテゴリー
注目のキーワード
ICC
クリーンアップ会場
クリーンアップ会場はこちら

↑このページの先頭へ