1. ホーム > 
  2. 海のはなし > 

通信:表浜BLUEWALKの魅力

2011年05月27日 カテゴリ:2010 , 美しい海をこどもたちへ

※「美しい海をこどもたちへNo.20」(一般社団法人 JEAN、2010年12月発行)より転載。この原稿は、2010年12月に執筆されたものです。

 今年のポスターのキャッチコピー、「思い出と、キレイな浜を残す旅」を作成したことがきっかけとなり、表浜BLUEWALKには今年初参加。2泊3日の参加中、28人にインタビューし、交流しました。

名古屋大学教育学部3年 宇野 由紀子  

 

 平成22年9月某日。私は友人の案内で、表参道にあるとある大学の学食にいた。その大学では学食が有名らしく、時に黒木瞳さんのような大女優も訪れるのだと友人は教えてくれた。

 その友人とじっくり話をするのは、その時が2度目。同じ夢を持ち、私よりも夢に近い彼との出会いは、私に刺激を与えてくれた。

 彼と出会ったのは、今年の8月13日から21日まで、愛知県田原市の表浜で行われていた「表浜BLUEWALK」である。9日間、全長50キロ。朝から夕方まで、学生を中心に表浜の清掃活動を行う。初めてこの活動の話を聞いたとき、なんて無謀な活動だろう、と思った。そして、そんな「無謀な活動」に付き合ってくれる友人などその時にはおらず、私は単身乗り込むことになったのである。彼とは表浜BLUEWALK期間中、ゴミ拾いをしながら、お互いの目標や、それに向けて今頑張っていることを語り合った。環境に対する意識が高い彼は「エコサークル」の代表でもあり、自然と遊ぶことを大切にしていた。今回もスタッフに交じり、人一倍一生懸命、そして楽しそうに過ごしていたことが印象的であった。

 表浜BLUEWALKでの私の目的は、たくさんの人と話すことだった。メディアを通して、いろいろな人に「伝える」ことを将来の夢としている私にとって、いろいろな学生に出会い、いろいろな話を聞くことができるこの活動はチャンスだった。この活動をきっかけとして、本誌にも寄稿することが可能になったのである。今年のプロジェクトリーダーさんやスタッフさんたちの協力も得て、私は9日中で参加した2泊3日の中で、28人の学生に話を聞くことができた。

 私がまず気になったのは、なぜ、この無謀ともいえる活動にこれだけ多くの人が参加しているのか、その動機である。夏の海岸と言えば炎天下。照りつける太陽が砂浜に反射し、日焼けでは済まないこともある。9日間フルに参加する学生もいると言う。

様々な動機があった。ボランティアが好きで、奉仕活動をするために参加した人、友だちに誘われて何となく来た人、やりがいを求めている人などが大多数だった。特にボランティアのサークルに所属している人は多く、やはり海岸清掃というと奉仕活動というイメージがつくらしい。しかしそれと同時に、去年も参加したというリピーターも多かった。

 リピーターが多い理由、それは参加してみてどうだったか、という問いから答えを得ることができた。多くの参加者が、表浜BLUEWALKという活動の素晴らしさを感じると同時に、BLUEWALKで得た仲間の広がりを楽しんでいるのだ。とにかく楽しい、来年も参加したいという人が多い。今年は数日参加でも、来年は全日参加したい、という人もいた。彼らの中にはきっと、炎天下の下、ゴミ拾いをするという活動の最中も、不思議と辛かった記憶は残っていない。むしろ、来年が楽しみですらあるのだ。これは、仲間による力が大きいのではないかと思う。

 私自身も表浜BLUEWALKから得た「出会い」は、またさらに新しい「出会い」につながっている。冒頭に述べた友人以外にも、年齢や学部、今までの友人とはまた異なる考え方を持つ人と出会うことができた。今年は「無謀な活動」に付き合ってくれる友だちはいなかったが、来年はそんな心配は必要なさそうだ。

 今年、表浜BLUEWALKに参加した人の数は全体で600人を超える。さらに、宿泊施設の提供や食事の準備など、活動に協力して下さった方も含めると700人以上。この活動自体が、人と人との出会い、つながりから成り立っていると言えよう。

 表浜BLUEWALK、ただの海岸清掃活動ではない。新たな人との出会い、仲間の発見という魅力に満ちている。

 

◆表浜BLUEWALKとは…

 海岸清掃活動を通じて、個人個人の環境への意識や関心を高めることを目的に、学生など若者を中心にスタートした「歩くスタイルの海岸清掃活動」です。毎年夏に開催され、参加者は希望の参加期間をあらかじめ選ぶことができ、半日参加から全日参加と参加期間は人によりさまざまです。海岸清掃のスタートは県境の東細谷から始まり、概ね一日あたり6kmの区間を清掃しながらゴールの伊良湖岬灯台を目指しました。今年は拾ったゴミは5トン強、ゴミの1/3はペットボトルなどの飲料用プラボトルでした。

最近のエントリー
カテゴリー
注目のキーワード
ICC
クリーンアップ会場
クリーンアップ会場はこちら

↑このページの先頭へ